髙元建設は、鳶からはじまった。

鳶髙橋から続く「義理と人情とやせがまん」

鳶(とび)とは

棟上の時、梁から梁へ文字通り飛んだので鳶といわれる。道具として代表的なものが鳶口でありこのことからも町火消(延焼家屋を曳き倒すときに使う)、梯子乗り(梯子を支えるのに使う)、木遣り(木をやりまわすのに必要)とは不可分であると言える。またこの鳶口から鳶職といわれる。
「火事と喧嘩は江戸の華、そのまた華が町火消」といわれるほどカッコよく、意気と気っぷで知られた町火消の中で、とりわけ主役級のスターは、火事場の屋根に真っ先に駆け上がって纏を立てる纏持ちであった。纏は江戸時代で終わったのではない。昭和十四年、消防組が現在の消防団(戦時中の警防団)に改組になるまでは、いけない、いけないと言われながらも屋根の上にすぐ上がっていったという。明治、大正、昭和と続いてきた。

鳶と火消し

江戸時代の消火は延焼方向の家屋を解体して延焼を防止する破壊消防だったため、民間人のボランティアにより構成される町火消では、本来が建築労働者で家屋構造を熟知し、かつ掛矢や鳶口などの道具の扱いに習熟して素早い家屋解体が可能だった鳶の者が火消衆の主力を占めた。以後火消しは鳶と同義になり、歌舞伎など江戸文化の題材とされ、鳶の間に独自の火消し文化が発達した。現在でも出初め式では鳶関係者により梯子乗りの演技などが行われる。

木遣り

木遣り(きやり)、木を遣り渡す、回す(運ぶ、動かす)という意味、町火消に唄われる唄(作業唄)を唄うこと。寺社や家などを建築すること自体が慶事であったことからおめでたい唄として唄われるようになった。江戸の中期頃には鳶職人の間で盛んに唄われていた、町火消が鳶職人を中心に組織されたため、木遣り唄も自然と町火消の中に溶け込み受け継がれていった(木遣り唄を唄う場合は、音頭をとる木遣師と、受声を出す木遣師が交互に唄う)。今では神道式の結婚式、地鎮祭、棟上、竣工式によく唄われ、無病息災、家内安全、商売繁盛をもたらす力(神通力)があるといわれる。獅子舞や梯子乗り、纏舞い(まといまい)の伝統芸能であり御利益も神楽や町火消が職業として公的にない今、主に鳶職が伝承している。

越谷市指定無形民俗文化財 越谷市木遣保存會

梯子(はしご)乗り

梯子乗りは江戸時代、火消しが火災現場で高い梯子を立て、頂上から火事の状況や風向き、建物の状況を確かめたことが始まりで、威勢と気迫を信条として、身軽な仕草と、熟練した技術を住民に披露するとともに、火の用心の重要性を訴える消防デモンストレーションの一つとして、行われた。また一説には今日と比べると、これといった満足な火消道具がなかった江戸時代。破壊消防のために、屋根の上、あるいは梁の上、または一本の丸太におのが命をたくして立ち働かなければならなかった当時の火消たちが、必要にせまられ訓練されたのが「梯子乗り」で「遠見、八双、背がめ、かんたん、谷のぞき」などと競うのである。揺れ動く梯子の上で演じる妙技には、江戸時代から今日に至るまで、市民の間で大変な人気を呼んでおり、正月の風物詩として定着している。

纏(まとい)のルーツ

十五世紀ごろ、戦場で侍大将の馬印(ばれん)だったが、これを町火消誕生後に組の旗印として取り入れ纏のぼりと言った。その後現在見られるような形になったと言われる。纏は、いろいろな形のデザインを施した「纏」の頭と、その下部の紙製又は革製の「馬簾」からなり、その高さ2.4m、重さは約20kgある。江戸町火消の纏は大名火消・定火消の纏のような華美を禁じられ、白と黒の2色に統一されているのが特徴。纏は、今日でも各組の象徴であり、心の拠りどころ、団結の中心として大切に保管されている。越谷には消防纏として多数纏があったが、最近になり数少なくなり、越谷鳶連合に1本・各番組に1本づつ計5本・越谷若鳶会に1本の合計7本現存している。