拡げよう友達の輪

埼玉ラオス友好協会

  • ラオス国旗
  • 日本国旗

Saitama Laos Friendly Association

We hope for the peace and development of Laos,the eradication of diseases and poverty.

親善と友好の絆を深めて

埼玉ラオス友好協会髙橋 奬会長(髙元建設株式会社会長)は、ラオス人民民主共和国との交流と相互発展を目指して活動しています。同協会は、これまでに子どもたちの教育の向上のために小学校2校の校舎建設、草の根資金を活用した学校用机・椅子、消防車・救急車、医療用ベッドなどの寄贈、村民の生活ために「吊り橋」の建設寄贈、教育者や児童などの教育・文化交流、文具支援、児童への歯科診療奉仕活動やサッカー教室の開催、琉球桜の苗木贈呈など、数多くの交流・支援活動を展開しています。2017年6月にはラオス国トンルン・シースリット首相が来日した際、歓迎夕食会を開催するなど、政府要人とも積極的な交流を行い、密接な関係を築いています。
今後、経済・文化・教育・医療などの各分野における活動が、さらに拡大することに期待がかかります。

2018年5月 ラオスフェスティバル2018開会式(代々木公園)

2018年2月 会田副会長(訪問団団長)から
ラオス国・党中央委員会スントン・サイニャチャー局長へ協会設立20周年記念誌贈呈

2017年11月 設立20周年記念誌完成報告会
在日ラオス大使館ヴィロード・スンダーラー大使
ご夫妻と髙橋会長ご夫妻

2017年6月 トンルン・シースリット首相来日歓迎夕食会(東武ホテルレバント東京)

2017年3月 医療用ベッド(526セット)贈呈式

2017年3月 在ラオス日本大使館引原大使表敬訪問

2016年11月 トンシン・タンマヴォン前首相閣下
表敬訪問(私邸にて)

2016年11月 トンルン・シースリット首相閣下
表敬訪問(首相官邸)

2012年1月 ラオス国首相府にて
トンシン・タンマヴォン首相閣下を表敬訪問
 

2012年11月 第16回ラオス友好親善訪問
 
 

2011年11月 KADVO(歯科グループ)の
協力により700名の児童に歯科検診を実施

2012年11月 第2回ラオス児童歯科検診調査
 

Page Top

埼玉ラオス友好協会とは

埼玉ラオス友好協会は、1997年(平成9年)、駐日ラオス人民民主共和国トンサイ・ボーディサン特命全権大使(当時)が土屋義彦県知事(当時、元参議院議長)を表敬訪問した折、ラオス側の要請により合意し、発足した。ラオスの児童教育の普及とより良き生活の向上に寄与するとともに、相互理解を大切に文化交流と産業発展の懸け橋になれるよう協力・活動することを目的とし、1998年(平成10年)2月に設立。名誉会長に土屋義彦氏、会長に髙橋奬氏が就任する。2008年(平成20年)10月に土屋義彦氏がご逝去され、2009年(平成21年)6月から土屋品子氏(現衆議院議員)が名誉会長を引き継ぎ、現在に至っている。

2001年10月 土屋学校1 サパントン・ヌア小学校を寄贈

2002年10月 第1回ODA物資輸送
学童机・椅子セット・消防車・救急車寄贈

2006年4月 土屋学校2
ナソンム・ヌア小学校を寄贈

2011年10月 ホアパン県サムヌア地区
土屋橋(しあわせの架け橋)を寄贈

2009年10月 シーワッタナー小学校に
文具支援活動の訪問

Page Top

埼玉ラオス友好協会の事業活動

  1. ラオスの経済、社会、文化などに関する調査および研究
  2. ラオスとの交流を行おうとする者に対する情報の提供
  3. 埼玉およびラオス両国間の相互理解を深めるための親善訪問
  4. ラオスの文化および教育の発展に寄与する活動
  5. その他、協会の目的を達成するために必要と認める事業

ラオス国の平和と発展を願い、病気と貧困の撲滅を。当協会は、活動趣旨にご賛同いただける方を求めています。

埼玉ラオス友好協会

[事務局]〒343-0811 埼玉県越谷市御殿町2-11
TEL.048-963-6363
FAX.048-965-0011

Page Top

活動の歩み

1997年 11月 第1回友好親善訪問
1998年 2月 埼玉ラオス友好協会設立総会
1999年 10月 文化交流会
(越谷市能楽堂にて日本・ラオス文化交流会)
2001年 2月 トンサイ・ボーディサン大使ご夫妻 来越谷
7月 サパントン・ヌア小学校から3名の短期留学
10月 土屋学校(サパントン小学校)贈呈式典
2002年 5月 ラオス大使館表敬訪問
(スクッタヴォン・ケオラ大使)
10月 第1回ODA物資輸送
2003年 8月 ラオスよりサッカー少年団26名越谷でホームステイ
2005年 8月 ラオス小学校建設寄贈チャリティ(土屋義彦先生)
2006年 4月 土屋学校(ナソンム・ヌア小学校)贈呈
10月 ナソンム・ヌア村に吊り橋建設資金の贈呈
2007年 5月 シートン・チッニョティン大使ご夫妻
越谷市板川市長 表敬訪問
6月 シーワッタナー小学校より先生2名を日本へ招待
2008年 5月 ラオス国元首チュンマリー・サイニャーソン大統領歓迎晩餐会
6月 ソムサワット・レンサワット副首相来日夕食会
10月 元参議院議長 土屋義彦名誉会長 ご逝去
(享年82歳)
11月 ポンメック・ダラロイ保健大臣
日本政府により旭日大綬章を受ける
2009年 1月 第8回郡山支部交流会
6月 第12回定期総会にて土屋品子氏新名誉会長就任
9月 ラオス国よりシンラヴォン・クーパイトゥン投資大臣来日歓迎夕食会
2010年 3月 ラオス国元首チュンマリー・サイニャーソン大統領来日歓迎レセプション
5月 ヴァソン・ヴッパワン首相越谷訪問歓迎夕食会
トンシン・タンマヴォン国会議長来日 歓迎昼食会
7月 ラオス大使館員との交流会
2011年 6月 第14回定期総会
シートン・チッニョティン大使
気仙沼、郡山被災地視察訪問
8月 トンルン・シースリット副首相来日 歓迎夕食会
11月 第1回ラオス学童歯科検診調査
2012年 1月 第15回ラオス友好親善訪問
3月 ラオス国よりソンプー・ドゥアンサワン
ラオス日本友好議員連盟会長歓迎夕食会
新任ケントン・ヌアンタシン大使就任歓迎夕食会
トンシン・タンマヴォン首相来日歓迎晩餐会
4月 シーワッタナー小学校より先生6名 日本へ招待
6月 ポンメック・ダラロイ会長他3名 日本へ招待
11月 第1回ラオス学童歯科奉仕活動 KADVOと共催
2013年 6月 パンカム・ヴィパヴァン教育大臣の要請でフアパン県に13本の桜の苗木を、日本・ラオス国交60周年を記念して、記念植樹するため訪問
11月 ラオス国外務省にてポンメック会長より髙橋奬会長が 「友好勲章」を授与される
12月 トンシン・タンマヴォン首相来日 歓迎昼食会
2014年 3月 髙橋奬氏「友好勲章」受章記念祝賀会
3月 ポンメック・ダラロイ会長他2名 日本へ招待
8月 ラオス国公共事業運輸省ラタナマニー・クウンニボン副大臣 歓迎昼食会
10月 第1回ラオス学童サッカー教室 大宮アルディージャと共催
2015年 2月 日本ラオス外交関係樹立60周年記念事業として琉球桜の苗60本をフアパン県へ提供 植樹式に参席
6月 ラオス国家勲章授与式のためラオス訪問
(6月10日~14日)
7月 トンシン・タンマヴォン首相来日 歓迎夕食会
8月 岸田文雄外務大臣より大臣表彰
12月 ラオス大使新旧歓送迎会
2016年 11月 第20回ラオス国友好親善訪問
第3回ラオス児童サッカー教室 大宮アルディージャと共催
2017年 3月 第21回ラオス国友好親善訪問
医療用ベッド贈呈式開催
6月 トンルン・シースリット首相来日 歓迎夕食会
6月 第20回定期総会開催
11月 設立20周年記念誌「20年のあゆみ」
完成報告会開催
ラオス大使館員との交流会を兼ねる
2018年 2月 第22回ラオス国友好親善訪問
6月 第21回定期総会開催

ラオス人民民主共和国

通称ラオスは、東南アジアに位置する共和制国家。国土面積は236,800平方㎞。北に中華人民共和国、西にミャンマー、東にベトナム、南にカンボジア、タイと国境を接する。49の民俗が暮らすメコン一帯で唯一の内陸国。首都はヴィエンチャン。人口690万人、主な言語はラオス語、宗教は仏教。日本はラオスに対してダムや橋をはじめとする大型インフラの建設だけではなく,教育環境の整備や人材育成,保健医療サービスの改善など,様々な分野においてODAを展開してきました。一人当たりの名目GDPは2,705.9米ドル(2018年)。日本の青年海外協力隊(JOCV)が初めて派遣された国。2015年には日本との外交関係樹立60周年を迎えた。

ラオス人民民主共和国地図

 

 

 

埼玉ラオス